枕の上で夢に溺れて

極上の寝具で眠りたい

誕生日を迎えた男

 今日は誕生日である。

 

 6月23日が、ぼくの誕生日である。だからなんだと言われたらそれまでだし、誕生日について自ら言及すると、恩着せがましくなるというか、祝ってやらねばいけないムードにさせてしまうので、あまりぼくはこの日について自ら触れたくはないのだけど、世の中には言われなければ分からないものもあるのだ。

 あまりみんなの祝意に水を差すような感じになってしまうのも嫌なので捻くれたことを言うのはこれぐらいにして、控えめに言って、本当にありがたいです。どうもありがとう。

 

 誕生日というのは、年に一度だけしかないその人が無条件で主役になれる日だ。学校に居場所がない人も、家に居場所がない人も、そもそも家がない人も、本来その日はその人が主役になれる日なのだ。無条件に祝って然るべき日であるのだ。「本日の主役」というタスキを掲げて、胸を張って先頭を歩いてもいい日であるのだ。

 日付が変わった瞬間にタスキを剥奪されて、ボコボコに袋叩きにされる覚悟のある人間だけ調子に乗りまくればいい。ぼくはそんな覚悟はないから、偉そうにするでもなく、慎ましく1日を過ごしたけれども。

 

 こんなだけども、今年で24歳になる。年男だ。早いものだ。中身はずっと年を取らないまま、肉体ばかり悲鳴をあげる勢いで年を重ねている。精神的にはそれこそ「スマブラDX」が強い奴が一番偉かった中学時代の頃と大して変わらないのである。コントローラーの奪い合いをしていた頃の私との違いは、ほとんどないのではないかと思う。

 

 年度末に暫く続けていた仕事を辞めて、転職もうまくいかず、今は半ば職無しの状況で、自問自答をしているような、していないような状態で、生活をしている。

 学生時代に、なんとなく楽しそうで片足を突っ込んだ創作活動、音楽活動も、今はすっかり足を止めてしまっていたけれど、また、創作活動、音楽活動にもう一度、腰を据えて取り組んでいこうと思う。何かと紆余曲折してきたけれど、また本腰入れて、再開したいなと。

 

 とかなんとかいって、なかなか新作などが発表できなかったらみっともないよな。どうにかやっていきますよ。やるからには、ちゃんと結果を残したいですし。売れるぞ、わしゃ。もう干支2周分生きたのだから、そろそろ人生ある程度どうにかならないといけない時期ですから。いやー、どうにかなりたいですね、人生。

 

 また、ゼロからのスタートです。またお世話になります。よろしくお願いします。